怖い病でも定番です|犬の健康を考えるためには、動物薬が必ず必要になります

犬の健康を考えるためには、動物薬が必ず必要になります

怖い病でも定番です

白い薬

死んでしまう可能性のある動物の病気として一番有名なのが「フィラリア症」になります。
これはフィラリアと呼ばれる寄生虫が犬の体内に入り込み、さまざまな状態異常を発症させてしまう最悪の症状になります。
たとえばまったく散歩に行かなくなったり、エサも食べなくなったりします。
またおなかに水が溜まってどんどん膨れていくのもフィラリア症の症状だといってもいいでしょう。
フィラリア症は放っていても治るものではなく、動物薬を使って駆除していかなければいけません。

ではフィラリアは一体どうやって犬の体内に忍び込むのか?
と考えたくなると思います。

じつは「蚊」からフィラリアの感染は始まるのです。
蚊といえば人間にとってもかなり身近な存在ですよね。
そんなどこにでもいる蚊が怖いことにフィラリアの幼虫を体内にもつのです。
ただすべての蚊がフィラリアをもっているわけではありません。
一部の蚊が体内にフィラリアをもち、その蚊が犬の血を吸うことでうまく体内に入り込みます。
主にフィラリアは蚊と同様あたたかい気候で動くようになるので、夏場は絶対にフィラリア症に注意しておかなければいけません。

そしてそんなフィラリア症にもしもかかった場合、必ず動物薬を使っていきましょう。
動物薬には色々ありますが、とくにフィラリアに良いとされているのが「アドボケート」です。
アドボケートは皮膚に滴下するタイプの薬で、食べさせるタイプのものとは異なりたとえ嫌がっても無理矢理つけることができます。
肩甲骨の間を手でおさえ、さらに皮膚が見えるようにしてから滴下すると強力なアドボケートの効果が得られるでしょう。